SEOライティングは基礎が大切!初心者が記事を書くコツやポイントを紹介

ユーザーが検索した際、上位に自分が作ったホームページなどを表示したいと思っても、検索エンジンに評価されないと、圏外になってしまいます。

上位表示させるためには、コツやポイントというものも存在しますので、覚えてからライティングするだけでも変わります。

実はSEO対策でもっとも重要なことは、ユーザーが検索し表示したときに読みやすく質がいいものであることです。

このことも踏まえながら、どんな風にライティングしていけばいいのか覚えていきましょう。

SEOライティングとは

SEOライティングとは、目的の検索結果が出たときに、上位で表示に掲載されるように意識してページを作成するライティング技術のことをいいます。

どんなに自分ではいい文章だと思っても、圏外になってしまう場合もあります。

読みやすく、内容も質がいいのか、皆に見てもらっている人気の高い記事かなども踏まえた上で上位が決まるのです。

評価されやすいのは、文章をじっくりと読みたいというよりも、「面倒だけれども調べなければいけないから仕方なく調べている」という方に対しても、わかりやすい文章が評価されやすくなります。

Googleのクローラーを意識しよう

日本で検索エンジンとしてよく使われているのは、Googleです。

ほかにもさまざまな検索エンジンはありますが、スマホやパソコンで検索する際に、ほとんどの方がGoogleを使用しているというデータもあります。

まずは皆に自分たちのライティングした文章を見てもらいたいため、Googleのクローラーに「これは読みやすく質が高い」と評価してもらわなければなりません。

ただ文章のボリュームが多ければ上位にくるという単純なものではなく、わかりやすく簡単に情報が理解できるか、まとまりや独自性があるか、パっと見たときにわかりやすいかなど、総合的なものを基準としています。

SEOライティングでは共起語が重要

ただキーワードだけが使われていても、なんだかよくわからない話になってしまうと、理解ができません。

ある言葉があったとき、一緒に利用される言葉を、「共起語」といいます。

共起語がどれかわからないときには、自分がこれから書きたい記事のキーワードを入力し出てきた上位の記事を参考にしてみましょう。

見ていくとキーワード以外に、よく登場してくるほかの単語があり、キーワードと一緒に出てきています。

一緒に文章の中に出てくることで、よりどんなことをいいたいのか理解できるのです。

そしてこの共起語を知ったら、ユーザーはキーワードに対して、どんなことを知りたいと考えているのかわかります。

理解した上でライティングをすると、よりユーザーが求めているサイトを作れます。

キーワードの選定も非常に重要

どんなことを書きたいというものが頭の中にあっても、キーワード選びを間違ってしまうと、あまり検索されないまま終わってしまう可能性があります。

たとえば、自分が本当は選びたいと思っていたキーワードがあったとしても、実際その単語を入れて検索すると、ライティング記事ではなく、通販記事が多い場合も考えられます。

この場合、せっかくキーワードを選んでも、そもそもユーザーは文章として知りたいのではなく、ダイレクトに通販で購入をしたいと思っているため、上位に表示されにくいのです。

逆にキーワードを入力して検索したときに、コラム記事や説明記事のようなものが上位に表示されれば、ユーザーは文章として調べて読みたいと思っています。

さらに、検索のボリュームはどのくらいあるのか、競合ページなどもチェックして決めましょう。

すぐに書き進めないようにする

こんなことを書きたいとキーワードも決まり、そのまま文章を書きたいところですが、ある程度コンテンツの設計が必要です。

こういった流れで書くというものがあると、実際仕上がって読んでみたときに、わかりやすい文章となっています。

計画性がないと、「これは何について書きたかったのだろう」と感じるような文章なども入り込み、SEO対策が万全にできません。

ユーザーはどんな思いでキーワードについて検索し、どういった流れの文章をよく読んでいるのかを見極め、設計していきます。

知りたいと思っている方はまったくの未経験者なのか、ある程度知識をもっている上級者なのかでも、書く内容は変わってきます。

知りたいことや解決したいことは何か、自分がユーザーの立場になり、寄り添いながら考えることは重要です。

また、文章は適度に見出しと段落わけをして、その段落では何について書くのかを考えるのも大切です。

上位の記事を読んだときに、どの記事でも取り扱っているようなトピックは、自分の作成する記事でも必ず取りいれるようにしましょう。

SEOライティングでは見やすさは大切

あまりにもただただ長い文章で文字だけが目に飛び込んでくると、なんだか読みたくない気持ちになりがちです。

細かい文字の小説本を読んでいるような気持ちになり、途中で辞めたくなってしまう人も多いです。

日頃から本が好きでも字を読むことが好きな方は問題ないかもしれませんが、検索しているユーザーのほとんどが、本格的に小説を読むような気持ちで見ていません。

見やすく自分が調べたいことがわかりやすく簡潔に書かれていればよく、長々した文章を見たくはないのです。

こういった嫌われる書き方を避けるためにも、ポイントなどは箇条書きを使用する、改行をし、文字がスッキリと見えるようにすることが大切です。

ほかにも、文字だけではなく表を作成したり、画像を入れたりするなどしてレイアウトも上手に行うと、まったく同じライティングしたものでも別物に見えます。

抵抗なく読み進めてくれる人も増えますし、評価されやすいサイトになります。

代名詞は適度に使っていい!

SEOライティングを意識するあまり、代名詞を使ってはいけないと思っている方もいるでしょう。

なんとなく曖昧な言葉を使ってしまうのは減点となり、上位になりづらいと感じているかもしれません。

しかし、代名詞となる「その」などの言葉がまったくないと、ユーザーが読んだときに違和感を抱く文章になります。

普段の会話の中でも代名詞を使う場面は多々ありますし、何でもその名詞を連呼し代名詞を使わない方がいい文章になるというわけでもありません。

確かに検索エンジンでは、代名詞や接続詞をあまり使わないほうがいいとはいわれていますが、文章を通して読んだときに、違和感ばかりを抱いてしまう仕上がりになるのはよくありません。

ユーザーにわかりやすく伝えることを意識して、適度に使うようにしましょう。

タイトルは文章の顔!キーワードを含めよう

ユーザーがこのコラムや説明記事を読みたいと思うときは、だいたいタイトルを見て決めています。

何について書かれているのかよくわからないタイトルよりも、ダイレクトに何の内容かわかるほうが読まれやすいです。

そのためには、キーワードを含ませることが大切です。

インターネットで検索するときには、じっくりと文章を楽しみたいと思っている方ばかりではありません。

急いでそのことを知りたいと思っているとき、ダイレクトにキーワードについて書かれているとタイトルからわかれば、クリックしてもらいやすくなります。

SEOキーワードはタイトルのはじめにもってくる

タイトルを決めるときに、キーワードはどこに来ても問題ないわけではありません。

できるだけタイトルのはじめにもってくるようにし、何について書きたいのか、わかりやすくする必要があります。

ユーザーもそのキーワードについて調べたいと思っていますので、タイトルの先頭にその言葉がきていれば、自分が今調べたいと思っていたキーワードについて説明してくれているとわかります。

するとクリック率も高まり、評価も一緒によくなるため、SEO対策となるのです。

オリジナリティも重要な要素

上位のサイトを中心に参考にすることで、SEOを意識したライティングはできます。

しかし、評価の高い文章をそのまま参考にしてしまうと、同じような言葉や文章の流れになってしまいがちです。

ほとんど変わらないような文章になってしまうと、コピーしているとみなされてしまいます。

コピーコンテンツとみなされると、上位どころかよくないコンテンツと判断されて、圏外にされてしまう可能性があります。

もちろん上位にきているサイトは参考にしたほうがいいのですが、それと一緒に自分の言葉や文章で書き、さらに体験や体験談なども盛り込むといいでしょう。

このとき、何も関係のない体験談を入れてしまうと評価されないので、キーワードとの関連性を意識しながらライティングしましょう。

自分だけの体験談は、ほかの人には書けないものですし、コピーにはなりにくいです。

ただし気を付けたのが、あまりにもオリジナルを追及しすぎて、キーワードとは関係のない文章を書いてしまうことです。

あまり読まれていないと感じたときには、書き直しをして、ユーザーが検索しているキーワードも意識すると成功しやすくなります。

記事に対しての専門性も見られている

SEOライティングでは、自分が書きたいと思っている記事に即して、専門性の高い記事を書くことが重要です。

せっかくキーワードを決めているのに、その話からどんどんと別の話になっていくと、一貫性も感じられなくなり、評価も下がります。

カテゴリテーマを意識して、どんな流れにするかを考えて書きはじめましょう。

そして専門性が高いだけでなく、信頼性や権威性も重視しましょう。

キーワードは文章の前半に多数もってこよう

なんとなく万遍なくキーワードは散らしたほうが高評価につながりそうですが、実際にはそうではありません。

文章の中でもSEOキーワードは、前半に半分以上は持ってくるようにすると、上位になりやすくなります。

もちろん内容などほかの部分も見られますが、ほとんど前半にキーワードがなくて文末の辺りに多量に出現するよりも、はじめにどんどん書いていったほうが評価されます。

ユーザーの気持ちになったとき、クリックをしてせっかくホームページを開いたのに、まったく自分の知りたいキーワードについて書かれていなかったら、このページを見るのは止めようと思うでしょう。

キーワードについて知りたいのに、まったくそのことについては出てこないので、離脱してしまいます。

逆に前半部分でキーワードの説明をしていると、そのまま自分の知りたい部分を読み進め、いつの間にか最後まで読んでいたとなります。

はじめに目に留まる部分にキーワードをしっかりと使い、ユーザーが求めているアンサーをライティングするのも重要です。

実際に分析の統計でも、前半1/3にキーワードが何回も出現していると上位の評価を受けているため、もったいぶらずに、はじめの段階でキーワードを書き、結論から話すようにしましょう。

ユーザーが主役なことを忘れない

SEOライティングを意識するのであれば、「思います」のような自分の感情で意見を述べるような書き方は、避けるようにしましょう。

体験談や体験を元にオリジナルなものを書いているうちに、「私が」「僕が」という言葉がはじめにきてしまうかもしれません。

しかし、読んでいるのはユーザーですので、「私」などの言葉ばかり使っていると興味がなくなり、離脱してしまいやすくなります。

とくに結論だけを知りたいときには、ライティングしている方の体験はどうでもいいこともあります。

それよりも早く結論を知りたいと思っていますので、できる限り理論的で、客観的なライティングの仕方も覚えましょう。

最初の見出しを作るときはタイトルに対しての結論をいう

ユーザーからすると、関係のないキーワードに関連した説明よりも、はじめにそのことについての結論を知りたいと思っています。

タイトルに載せているキーワードについての結論を、「〇〇とは?」などと見出しを作り、述べるようにしましょう。

すぐに知りたいことが書いているので、離脱して別のホームページにいかず、そのまま読み進めてもらいやすくなります。

ユーザーのために考えてライティングをしていきましょう

SEOライティングを意識して考えようと思うと、はじめは頭の中がこんがらがってしまうかもしれません。

迷ってしまうことがあれば、まずユーザーの立場になり、どんなことを求めているのか考えましょう。

自分ではわからないから仕方がなく検索している方も多いので、そのキーワードに対する結論をはじめに持ってくるのは重要です。

タイトルを書くときにも、キーワードをまず先頭にもってきてから、関連するキーワードなども含めて書きます。

どのような展開でキーワードの話を進めていくのか構成を考え、文章を本格的に書きはじめましょう。

無料相談はこちら

とにかく現在のWEBサイトの成果に、満足していないのであれば、
まずは一度ご相談ください。
成果と出すために何をすべきか本気で一緒に考えます。