SEOとは?どんな意味や目的があるの?SEO対策の基本などを初心者向けに解説します

SEOの言葉の意味

SEOという言葉をどこかで耳にしたことや目にしたことがあるという方もいらっしゃることでしょう。

SEOは、英語で「Search Engine Optimization」と表記されます。

Searchは「探す、調べる」、Engineは「エンジン」、Optimizationは「最適化」という意味を持つ単語です。

つまり、日本語に訳すと、検索エンジン最適化という意味になります。

Web集客におけるSEOの重要性

このSEOは、Web集客を行う際に、非常に重要なものとなってきます。

なぜ、SEOが重要なのかというと、検索エンジンで検索した際に、自分のWebサイトを上位に表示させることができないと、アクセス率が下がってしまうからです。

自分のWebサイトを訪問してくれる人が少なければ、どんなに素晴らしいコンテンツを作ったとしても、Webを活用した集客ができなくなってしまうおそれがあります。

GoogleやYahoo!の利用率は非常に高いので、これらの検索エンジンで検索した際に、自分のWebサイトが上位に表示させるように対策をしておけば、より多くの集客が見込めるようになるでしょう。

SEO対策の基本

Web集客を成功させるためにも、次の項目でご紹介するSEO対策の意味や目的など、基本的なことをしっかり把握しておくことが大切です。

SEO対策の意味

最初の項目で、SEOは「検索エンジン最適化」という意味があるとご紹介しました。

検索エンジンというのはご存知の方も多いかもしれませんが、検索窓にキーワードを入力すると、そのキーワードと関連性の高いWebサイトを一覧で表示してくれるシステムのことです。

検索ボタンをクリックするだけで、WebサイトやBlog、SNSなど世界中の情報の中から、一瞬で関連した情報を表示してくれるため、インターネットで情報収集を行う際には欠かせないものとなっているのです。

検索エンジンの代表的なものとしては、Yahoo!とGoogleがあります。

そのほかにも、マイクロソフト社のBing、ユーザーの情報の追跡や収集を行わないDuckDuckGo、中国のBaidu(百度)など、世界中にはさまざまな検索エンジンが存在しています。

日本国内では、Yahoo!JAPANとGoogleの利用者がほとんどです。

Googleの利用率が80%、Yahoo! の利用率が12%となっており、両者を合わせると、90%以上の高いシェア率となっています。

ちなみに、Yahoo!の検索アルゴリズムは、Googleのものが採用されています。

そのため、基本的にはYahoo!JAPANとGoogleの検索エンジンのシステムはほぼ同じです。

つまり、日本国内においてのSEO対策は、「Googleのための対策を行う」という意味で捉えると、理解しやすくなるでしょう。

SEO対策の目的

SEO対策の目的は、Yahoo!やGoogleなど検索エンジンで検索したときに、自分のWebサイトを上位に表示させることです。そのほかに、検索流入を増やすという目的もあります。

SEO対策の具体的な基本ポイント

SEO対策には、さまざまな方法があります。まずは、以下にご紹介する基本ポイントを押さえておくと良いでしょう。

キーワードの調査と選定

SEO対策を行う際には、キーワードの調査と選定が必須です。

上位表示させたいキーワードの候補をいくつか決めたら、そこから競合性などを調査して、最適なものを選び出します。

需要が多いキーワードを選んでしまうと、ライバルサイトに埋もれてしまい、上位に表示されにくくなってしまう可能性があります。

競合性がそれほど高くないキーワードを選んでおくのがおすすめです。

メタディスクリプション、タイトルタグ、見出しタグなどの設定

メタディスクリプションは、検索した際にユーザーの目に留まりやすい部分なので、気を惹くような内容を入力しておくことで、クリック率が高くなります。

タイトルタグや見出しタグは、キーワードを含めた30文字程度にするのが基本です。

被リンク対策

被リンクは、外部サイトから自分のサイトへ向けられたリンクのことです。

Googleなどの検索エンジンは、この被リンクの数やクオリティを重視しているのです。

被リンクを増やす方法はいろいろとありますが、相互リンクが多すぎる場合や関連性の低いリンクの場合には、ペナルティを課されてしまい検索ランクが下がってしまうリスクがあるので注意してください。

質の高い被リンクを増やす方法としては、FacebookやTwitterなどのSNSで情報を発信することやWebサイト内にSNSのソーシャルボタンを設置するなどの方法があります。

大切なことはユーザーと向き合うこと

SEO対策をしっかり行うことも大切ですが、そればかりにかまけてしまい、ユーザーと向き合うことを疎かにしないように気を付けましょう。

ユーザーを大事にしてきちんと向き合うことは、ファン獲得にもつながります。

ファンが増えれば、口コミやSNSなどで評判が拡散されていき、集客力もアップしやすくなります。

つまり、ユーザーときちんと向き合うことが、Web集客成功のカギとなるのです。

数字だけを追いかけない

SEO対策を頑張っていると、自分のWebサイトが何位にランクインしているだろうと、数字ばかりを追いかけてしまいがちです。

でも、検索で上位に表示させるというSEO対策の目的を達成できたとしても、ユーザーと向き合うことにはならないのです。

数字だけを追いかけないようにするためにも、BlogやSNSを活用してユーザーとコミュニケーションを取るなどして、良い関係を築いていくことも意識してみると良いでしょう。

 訪問したユーザーの心理を考える

SEO対策を行ってせっかく上位に表示させたとしても、肝心のWebサイトのクオリティがイマイチだったら、ユーザーが離脱してしまう可能性があります。

情報をすっきりまとめて見やすいデザインにしたり、直感的に操作できるようにボタンを配置したりなど、訪問したユーザーの心理を考えておくことが大切です。

また、記事の内容、文字数、読みやすい文字のサイズなどもよく考えて、Webサイトを作り込んでおくようにしましょう。

 SEO対策=Web集客のすべてではない

SEO対策をしっかり行うことで、Web集客につなげやすくなりますが、それだけがすべてとは限りません。

Web集客をアップさせるためには、良質なコンテツの配信のためにWebサイトの見直しをすることやSNSや動画なども積極的に活用していくことを検討してみると良いでしょう。

Web集客のためにはSEO以外の対策も必要です

Googleのアルゴリズムはどんどん変化していきますので、それに合わせて対策も変えていかなくてはなりません。

最近では、Googleはコンテンツの内容をより重視するようになってきていますので、ユーザーが求めている情報を発信できているかどうかの見直しも必要です。

有益な情報を頻繁に発しているWebサイトは、リピーターが付きやすくなるので、Web集客にも良い影響が出やすくなることでしょう。

また、SNSで宣伝することやWeb広告の配信なども、Web集客アップに有効的な方法です。

近年は、第5世代移動通信システムである5Gの登場によって、動画市場にも注目が集まっています。

Web集客力をより高めるために、YouTubeなどの動画サイトの活用も検討してみると良いかもしれません。

無料相談はこちら

とにかく現在のWEBサイトの成果に、満足していないのであれば、
まずは一度ご相談ください。
成果と出すために何をすべきか本気で一緒に考えます。